la vella vita
   田舎暮らしの普通の日々...
  >> ホーム
  >> RSS1.0
FC2カウンター

最近の記事

■new■

■zakka■

■zakka sale■

カテゴリー

プロフィール

yum

Author:yum


広島の山奥で田舎暮らしを
夫とウタ(2009年8月生・男)と満喫中。

シンプルな生き方が目標です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 妊娠&出産
タイトルでびっくりした、そこのあなた。
まだ授かってはいませんよ(笑)。

先週土曜日に受けてきたシブヤ大学の二個目の講義は、
妊娠と出産についてもクラスでした。

妊娠したカップル向けのクラスはよく聞くけれど、
未婚カップルや未婚女性向けの
妊娠出産のクラスなんて、なかなかないですからね。

もちろん、「男一人だったらどうしよう~」と弱気な彼を引き連れて・・・(笑)。

でも教室に入ってみると、男性一人参加の多いこと!
最近の男子は偉いですね。ちょっと感動・・・

講師は、バースコーディネーターの大葉ナナコ先生。
上は20歳から下は幼稚園児までの5人のお子さんのママ。
趣味は「妊娠」特技は「安産」(笑)。

それにしても、私もいい年した女子だと言うのに、
知らないことだらけで、何だか恥ずかしかったです。

学生時代に受けた性教育なんて、男女の体の仕組みや避妊についてだけ。
人間の神秘的な誕生や、お産の素晴らしさなんて誰も教えてくれなかったな。
まさに目から鱗。もっと早くに先生のクラスを受けたかった・・・

妊娠は、悪阻もあって辛いし、お腹も大きくなって重いし不便だし。
出産は、壮絶で痛くて苦しいもの。

そういう先入観というか、定義がもう頭の中で出来上がってしまっていて、
出産した友達に聞くことは、決まって「やっぱり痛かった??」です。

でも本当は、妊娠・出産は、
もっともっと神秘的で嬉しくて素晴らしいもの。

私も早く体験して、プラスのイメージを
発信できたらいいな、と心から思いました。

そして自分もいつか新しい命を宿すかもしれない体なんだ、
としっかり認識すること。

妊娠する前から、体に優しい物を食べて、
規則正しい生活をして、身も心も健康に過して・・・
いつでも新しい命を授かれるように。

産まれて初めてじゃないか、と思うくらい
真剣にノートを取ったので、
みなさんにも妊娠出産トリビアを^^;

赤ちゃんの一番最初の大きさは、0.13ミリ。
人間の肉眼で確認できる最小の大きさだそうです。
とっても小さいのに、ちゃんと目には見える大きさ、って
すごくないですか??

お腹の中で赤ちゃんが指しゃぶりをするのは、
お母さんのお腹の外に出た後、
ちゃんとお母さんのおっぱいを吸えるように練習している。
誰が教えてくれたわけでもないのに、
練習するなんて・・・健気でかわいい~!!

へその緒は、大体50センチくらいあるそうですが、
50センチというのは、産まれてすぐにお母さんの胸に
赤ちゃんを抱ける長さだそうです。
首や手首にへその緒を巻きつけて出てきてしまっても大丈夫。
へその緒は、その分長く伸びて出てくるそうです。

出産でもっとも出血が多いのが、胎盤がはがれる時。
でも、赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうと、
その出血が抑えられるそうです。
そのため、赤ちゃん誕生後、胎盤はすぐにははがれず、
赤ちゃんが生まれておっぱいを吸うのを待つかのように、
10~15分くらいの後にはがれるようになっているそうです。

人間の体ってすごい。
お母さんの体も赤ちゃんの生まれてくるパワーも本当にすごい。
世のお母さんたち、本当にありがとう、と
お礼を言って廻りたいくらい(笑)。

途中で、「赤ちゃん先生」(ナナコ先生のママさん生徒さんが
赤ちゃんを連れてきてくれていました!)もたくさん来て賑やかで
楽しくて、感動しっぱなしの最高のクラスでした。

女性の皆さんには、機会があれば
妊娠出産の予定がなくても(これ重要!)絶対受けて欲しい!!

ナナコ先生の活動はこちら。

バースセンス研究所→
日本誕生学協会→

私も妊娠したら、またナナコ先生のクラス受講希望です^^
スポンサーサイト
study | 固定リンク | レス:8
(2007/12/20(木) 13:56)

 てぬぐい
はぁ~とにかく今週末は、盛りだくさんな週末でした。

土曜日、以前このブログでも紹介したことのある
シブヤ大学の講義を二つ受けて来ました!

初心者なのに、はしご(笑)。

これがもう、と~~~ってもとっても楽しくて!
東京近辺にお住まいの方は、絶対参加すべきです。

まず「the tenugui 完全攻略」の講義。
講師は、浅草にある「染めの安坊」の女将さん。
若くて着物をかっこよく着こなす艶っぽい先生。

前半は、手ぬぐいの歴史と
手ぬぐいによく使われる古典柄の名称をお勉強。

今では手ぬぐいと言えば、綿が主流ですが、
もともとは、インドから綿文化が入ってくるまでは、
日本の手ぬぐいは麻だったそうです。
麻好きのわたしは、それを聞いただけで
一気に手ぬぐいに親近感を持ちました(笑)。

古典柄にも色々と意味が込められていて、
長寿の柄、寿の柄、子孫繁栄の柄などなど・・・
何気なく目にしていた柄ばかりなのに
とっても奥深く、泥棒柄の唐草模様でさえ、
何だか今までと違って見えました。

ちなみに唐草模様は、ツタを連想させるので
丈夫な、どこまでも伸びる・・・と言ったことから
健康、長寿、などの意味があって縁起のいいものだそうです。

そして後半は、実践へ。
手ぬぐいのかぶり方。
ねずみこぞうのかぶり方も教わりました(笑)。
お正月用のお飾りの作り方。
お財布の作り方。
ティッシュボックスの包み方。
ペットボトルの包み方。
などなど・・・

私的にツボだったのが、お財布手ぬぐい
縫ったり貼ったりせず、折るだけでできる優れもの。

これに水引きを通して、お祝儀袋として使えるのです。
何とかわいいのでしょう。

画像 001


これならお祝儀をもらった後に、手ぬぐいとして使えます。
モッタイナイ精神万歳。
紙のお祝儀袋は、結構良いお値段するのに
他に使い道はないですもんね~

先生もいつも受け付けでこれを差し出すと
かなり評判がいいんですよ~とおっしゃってました。

私も次に行く結婚式用にと、ひとつ購入。
開くとこんなおめでたい事になってます^^

画像 004


さ~一体誰のもとに行くのでしょう。

でも本当は、私が欲しいくらい・・・
私の時にもよろしくお願いしま~す(笑)。

実は、この講義に参加するまで、
自分の手ぬぐいは一枚も持っていなかった私が
講義が終わる頃には、すっかり手ぬぐいと美人女将先生の虜に。

先生のお店で扱っている手ぬぐいを
何枚か購入させていただきました。
これは自分用に↓

画像 003


左から大梅紫色源氏香橙色たすき(黒)です。

古典柄はどこでも買えるけど、
そのお店のオリジナルは、そこでしか買えませんからね。
しかもとってもオサレな柄が多くて、厳選するのに一苦労。

でもこういう柄なら、頭に巻いたり、首に巻いたり
ハンケチとして使ったり、手ぬぐいと意識せず、
普段使いできそうな気がします。

本当はもっと欲しかったんですけどね・・・
友達へのプレゼント用にも何枚か買ったのに
段々あげたくなくなってきました(笑)。

いつか先生のお店に遊びに行くぞ~♪♪

っていうか、楽天に先生のお店が入ってるんですね。
恐るべし・・・楽天。本当に何でも売ってる(笑)。
横っちょに貼っつけよ~と^^

二つ目の講義のお話は、また後日・・・

追記・・・
今、楽天のを貼り付けてみましたが、
実物と写真が全然違う↓
本物はもっともっと素敵なのに・・・残念↓↓

あと、たたんであるのと、広げてみるのと全然違うんですね~
今知りました(笑)。

機会があれば、実物を見に行ってみてください^^

あと、お財布の折り方も載ってましたので、
ご興味のある方は、挑戦してみてください♪

お財布の折り方→
study | 固定リンク | レス:4
(2007/12/16(日) 23:40)

copyright © 2005 la vella vita all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。